読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの悩みにトラック突撃!

あなたの悩みにトラック突撃!するブログです。

Mサイズミニバンを徹底比較!おすすめのミニバンはこれだ!!【2017年版】

私だ。

私は無類の車好きで有名だ。

そこで今回はミニバンを徹底比較し、おすすめのミニバンを紹介したいと思う。

 

〇日産 セレナ

新型セレナのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報第539弾)
 

現在のミニバンで一番最近フルモデルチェンジしたのが日産セレナだ。

そのため、非常に先進的な部分が魅力となっている。

バックドアの上半分だけ開けることができるデュアルバックドアや、手を使わずにスライドドアを開けることができるところなどは他社にはない部分である。

また、自動運転技術プロパイロットを搭載したことでも話題となった。

売れ行きも好調で、近々フルハイブリッドモデルも導入される見込みで、しばらくはMサイズミニバンのトップを突っ走ることになりそうだ。

ただし、先進的な技術満載なだけに車両価格も高くなってしまった。

セレナハイウェイスタープロパイロットエディションだとオデッセイ並の値段になってしまう。

 

〇ホンダ ステップワゴン

ニューモデル速報 第513弾 新型ステップワゴンのすべて

ニューモデル速報 第513弾 新型ステップワゴンのすべて

 

2015年にフルモデルチェンジしたのが、ホンダのステップワゴン。

はっきり言うと評判が良くない。

バックドアを半分だけ開くようにしたせいで、後ろのバンパーが無いという致命的な欠点がある。

また、フロントマスクも驚くほど不評。

ただ、室内の居住性は悪くないし、1.5Lのダウンサイジングターボも他のミニバンには無いところで、走りの面では負けていないと思う。

3列目が格納式なのはMサイズミニバンではステップワゴンだけ。

今年マイナーチェンジでフロントマスクを一新し、ハイブリッドモデルが追加されるのでそれ待ちかもしれない。

 

〇トヨタ ヴォクシー・ノア・エスクァイア

フロントマスクを中心に細部は違うものの、中身はほぼ一緒の兄弟車。

ヴォクシーとノアよりもエスクァイアの方が若干内装等に高級感があり、車両価格も高い位置づけになっている。

内装などに特に攻めた部分はなく、本当に王道のミニバンという感じ。

3兄弟は本当に好みで選んで良いと思う。

上級グレードになると価格差もほぼ無くなる。

セレナやステップワゴンに比べると先進性で劣るものの、その分価格が割安に感じるのもむしろ強みかもしれない。

現在はこの3兄弟のハイブリッドモデルがMサイズミニバンでは一番燃費が良い(セレナとステップワゴンはマイナーチェンジで上回ってくる見込み)。

 

 

〇まとめ

ということでMサイズミニバンを比較してみた。

最終的な結論としては私のおすすめはこちらだ。

www.hino.co.jp

青島文化教材社 1/32 4tカスタムトラック No.01 日野レンジャープロ カーゴ

青島文化教材社 1/32 4tカスタムトラック No.01 日野レンジャープロ カーゴ

 

日野自動車の中型トラック「レンジャー」だ。

これならば突撃に際して困ることは無い。

大型ではないので、そこまで運転が大変なトラックではないのもポイントだ。

車選びに悩む若者の参考になれば幸いである。